爽を尋ねた時の私は、10年近くを家庭内だけに引きこもりのような状態で生活しており、身にまとう物全てを失い、

自分の生きてきた証の全てを失ったと思い、心の中に大きな穴が空き、年輪を築けなかった自分を恥じ、毎日消滅する

ことばかりを考えていました。

身体の内の心(心臓ではなくて右の方)の辺りにぽっかりと大きな穴が空き、そこから何時もスースーと風が吹き抜け、

身体には力が入らず常に疲労を感じ、周囲からの言葉や視線を全てマイナスに受け止め他人からの言葉や態度に

つぶれてしまい、すれ違う人との風にもふらふらと飛ばされてしまいそうでした。 自分に自信が持てず、心に空いた穴の

周囲からひりひりと心の痛みが身体に染み込んでくるようでした。 自分自身に自信などまったく持てず、自分の存在して

いる意味を見失い、無意味な自分を持て余していました。



爽で初めてヒーリングを受けた時は10月の終わりでした。 爽までは自宅から1時間30分かかり、小山は初めての

土地でした。 初めての場所にたった一人で訪ねるなんて、それまでの私には出来るはずも無いことだったのに、

この時は行き着けるか不安は有ったものの「行こう」とする気持ちが不安より強く働いていました。



椅子に座り、季節の為か少し寒さを感じましたが、ヒーリングが始まるとヒーラーの方の言葉と一緒に頭や肩や腕や

足から力が抜け、左半身が温かくなるのを感じました。身体がふわーっとぼんやりとして、椅子から転げ落ちて床に

倒れこみそのまま気持ち良く眠ってしまいそうでした。

ヒーラーの方に「ゆっくりと自分を感じてください」という言葉にこの心地良さから呼び戻されてしまいましたが、身体が

とてもリラックスし身体の疲れがとれているのを感じました。第一回のヒーリングの後、普通に昼間起きている事も

辛かった自分が、家事や勉強も不思議なくらい疲れを感じなく普通に出来るようになりました。

周囲からの言葉や態度にも「どうしてこういう言葉や態度をしているのだろうか、これはどういう事なのだろうか」と

一呼吸間を置いて感じるようになり、動揺したり、辛く感じたりしなくなりました。



その後は二週間に一度程のペースでヒーリングを受けましたが、身体の内に空いていたスースーと風が吹き抜けて

いた穴が塞がり、今度はそこがしっかりと身体のバランスを保っているかのように、落ち着いた気持ちがそこから身体に

染み込んでいき、周囲の言葉や態度などから影響を受けなくなり、動揺しない心になっていくのを感じました。



もう一つの大きな変化は、自分自身を無意味な存在と感じ、あれ程までに跡形も無く消滅してしまいたいという想いも、

二度目のヒーリング頃から心の内から無くなり、死という事に対する恐怖も感じなくなり、自分の事としてではなく、

一つの言葉、事象として捕らえることが出来るようになりました。

毎日のいろいろな出来事に直面した時、直接その出来事に直面して何とかしなくてはと思っている自分と、少し離れた

ところで他人事のようにゆっくりとそれを眺めているこちら側の自分とを感じるようになりました。

家から外に出ることも楽しくなり、ペットとお散歩しながらすれ違う人に自然に話し掛けてしまったり、話し掛けられたり

する事が楽しみに感じるようになりました。

今まで心の中にマイナスの思いを溜め込んでいたのが、心の中がプラス的な思いに転換されて来ているのを感じます。

(後略)