(妹さんからのメールには次のように書かれていました)

兄がヒーリングの翌日に会社でお風呂に入っていたら同僚にビックリされたみたく…。

私も見ましたが背中に2本のアザが…。

 

 

 

ヒーリングを知れば知るほど、その深さと広がり、そして人智を超えて存在するものがあるのだと感じ入ります。

世界中の研究者やお医者さんが、日夜病を如何にして克服するかを研究、実践されておられて、身体の不思議さと

医学の進歩にすごいなぁ〜と感動するのと似ています。どこまで行けば行き着くのか、人間とは一体なんなのだと

また、エネルギー体と意識とはどういうことなのか、ヒーリングと共に感動してきます。

 

例えば、最近のヒーリングではこれまであまりなかったようなことが起こるようになっています。

ヒーリングを受けているほとんどの人が、程度の差こそあれ眠くなります。これは通常身体に置かれている意識が、

ヒーリングを受けることでエネルギー体へと移行しているからだと推察されます。毎晩の睡眠中にも私たちはこのような

状態になっていると言われています。

 

さて、この意識が身体からもっと微細なエネルギー体へと移行するとエネルギー体に保存されているいろいろな記憶やデータ

あるいは回路につながるようになります。また、エネルギー体にはいろいろは波動領域があって、その一部は身体を越えて、

もっと遠くへ、もっと広く、高く、距離的には考えられないほど遠くへと繋がれる可能性を持っているようです。

次元を超えて、と表現すると誤解されるかもしれませんが、そうとしか表現できない現象が起こってきます。

 

クライアントさんの中にはヒーリングを受けている最中に過去の情報、今回の人生における過去でなく、もっともっと生まれ

る前の過去世の情報に繋がる人がいます。以前には特別な人にしか起こらなかったことですが、最近はそれほど稀ではなく

起こります。どうしてなのかなと思うに、それだけ集合意識の変化が進んだこともあるでしょうし、受け手の人の進化、また

ヒーラー自身が関われる領域が広がったとも考えられます。

携帯で撮ったものー背中のあざ
(以下は妹さんからのメールの解説です)

兄がヒーリングの翌日に会社でお風呂に入っていたら同僚にビックリされたみたく…。私も見ましたが背中に2本のアザが…。過去の波動に繋がって出来たのかね?と話をしていたんですが…。

 

最近の例では、上の写真にもあるようにヒーリングの翌日に実際に身体に「あざ」が現れたものがあります。

これはヒーリングのエネルギーを受けている間に過去の情報と回路がつながり、違った身体に宿っていた時の出来事を

追体験をしたことによるものです。その内容と関係のある肉体的症状が出たようですが、実際には自覚症状はまったくなく、

たまたまお風呂で見つけて携帯で写真に撮ったものがこれです。ご当人も大変驚かれていましたが、数日後にはきれいに

消えたそうです。

 

また、次のようなこともありました。

過去世につながり、時間軸からしたら、随分さかのぼって起きたことを追体験している最中に、意識上のみならず、物理的

つまり、肉体的にも顕現してくる事があります。上の写真の場合は直後にチェックはしていないので、翌日に分かったこと

以外、正確には実際にいつ出たのかわかりませんが、おそらくセッション後、まもなく出た可能性があります。

例えば友人の例ですが、中世に魔女狩りで火あぶりにされている時を思い出した際、おこたつに入っている足を払いのけ、

(随分以前は、友達と楽しみだけのためにこんな風におこたつでセッションをしたこともありました)顔は汗一杯、熱い熱い

と大声をあげておりました。また、40代の男性は西部劇さながら、アメリカの西部で生きていた人生で鉄砲で撃たれた

追体験直後、腹部に痛みを体験されたのを覚えています。幸いな事というか、こうでないと困りますが、これはすでに過ぎ去

った事ですから、適切な誘導で、または意識が現時点に戻るとすぐに終息していきます。

 

こう書くと、過去世を見るのは怖そうですが、実際は逆で、過去の体験を見ることでその体験に伴った感情的ネガティブな

エネルギーが解放されるので、理由なく感じる否定的な感情や性格的偏り、または潜在意識に影響していたと思われるものが

きれいに消えてしまいます。追体験する事にはむしろ肯定的なこと、たとえば、楽しい思い出や嬉しいことなどが多いわけで

すが、そういうプラスのものは良い意味で今回の人生にも影響を与える事が多いようです。特に、愛に根ざした経験や情報は

強く心に残り、深い満足感と人生への感謝、生きている意味への洞察力などを深めることができます。

 

これまで多くの過去世療法を経て学んだ事は、表面的には否定的に見える事も実は背後には「愛」の意図が隠されていると

いうことです。つまり、本当はどんな体験も本質的には愛から派生したものなのだということです。

 

エネルギー体に戻りますと、こういうことから解ることの一つは、私たちは実際に可視の身体と不可視のエネルギー体を持ち

それらはお互いに深く関連しており、それは時間を越えて影響しえるのだということです。

私たちは誰でも、今、見えている、知っている、覚えているだけの存在ではない、ということです。

起こっていることは、意識をどこに集中させるかでにも影響される・・・のでしょう。

 

と言うことは、あり得るのは、過去世のエネルギーに繋がっていると、現時点では実際に起こっていないことを感じる可能性

です。過去世のエネルギーにつながっていると、起こってもいないこと、現実にはないことに影響されて、身体的、精神的、

感情的にも影響をうけるのです。

 

稀に、初めてお会いする人を一目見て、あれっと気が付いたりします。遠い過去のエネルギーにつながっ

ていると独特の雰囲気をかもし出しています。感情や、精神などだけでなく、病気や現象をも引き寄せている人もいるようで

す。現在と関係なく、過去の情報につながっているが故の異常さを得てしまっているのでしょう。

「今、ここに、Here, Now」が大切だと言われる意味が、ああこういうことを言っていたのか、とやっと解ったような思い

がします。