ブログの中で、高次元の存在が説明するように、私たちの精神活動は身体に浸透して広がっている不可視
で、しかも、実体のあるエネルギー体の活動によってです。今回のレポートをお寄せくださったクライアント
にとっても、このことを理解するためには、実体験が一番だったようです。ヒーリングの結果は、常にプラス
の多様性に満ち、心の微妙なひだから、パニック障害などの癒しまで、広く多彩で予想を超えています。



ヒーリングは全部で4回受けました。
 


はじめのヒーリングを受けた2日後から、変化が現れました。

なんというか、心が穏やかになったというかそんな状態が数日続きましたが、消えてしまいました。



以前、私の父親はアルコールの影響で肝性脳症になり、怒りを抑えることができなくなりました。怒り

出すと、 私たちの一般常識では考えられないようなことを口走り、大声で怒鳴り立て、物をこわし、

周りにあたりつづけました。幻覚も見えたようです。

怒りはいつやってくるか分かりませんでした。些細な一言で怒り出したり、夜中に突然怒り出すことも

ありました。怒り出すといつそれがおさまるかも分かりません。怒りは1週間続くことさえありました。

そんな状態が5年以上も続いていました。

            

だから私は家にいるのが怖くて怖くていつもおびえていました。しかし、 昨年の6月に大腸ガンの手術を

して以来、ぱたっと怒りは消えました。

でも私は相変わらず家にいるのが怖くて嫌でたまりませんでした。



それが、たった一回ヒーリングを受けただけで、ほんの数日ではありましたが、家にいるときに心の安らぎを

感じたのです。

不思議でした。

 

それでもう一回確かめるためにヒーリングを受けてみました。 同じように心の安らぎを数日感じました。

でもその後1週間はリバウンドでもきたかのようにビクビクした日が続きました。

でも、このとき、数日の安らぎの中で、私はあれほど悪魔と思い嫌っていた父親の中に、一瞬ではあり

ますが、”神性”を感じられるようになりました。


 
今の私の人生の中で唯一の悩みは父親でした、

そしてそれに耐えているかわいそうな母親でした。今の私の”恐怖”という苦悩の根源でした。

私はここを逃げ出したくて、数年間家を離れました。

外国でも生活をしました。




でも、恐怖はいつも私につきまといました。私自身がこの恐怖を乗り越えない限り、地球の裏側に

住んだって恐怖はついてくるということを心の中に感じていましたが、どうしたらいいのか分からず、

時間を延ばしのばしにしていました。




そして、今ここに行き着き私はようやくこの恐怖を乗り越えようとしています。なぜなら私は悪魔と思って

いた父親の中に ”神がいる”と感じたからです。
 
一人の人の中に悪魔がいたり、神がいたり、いろんな存在がいるのではないかと思いました。

それはその人をみる人がどんな目で見るか、それによってその人の中の悪魔なり神なりが顔を出している

のではないか、という考えが浮かびました。

恐怖に支配されていた私の心は、実は自分が勝手に作り出した父親への投影であったのではないかと

思うようになりました。

そしてそれを教えてくれたのは”神性”の顔を持つ父親でした。



私はだんだんヒーリングを受けることが楽しみになってきました。

そして3回目のヒーリングを受けました。

2回目のヒーリングが終わったあと、安定した気持ちがいつ終わってしまうのか不安でしたが、3回目からは

心が安定し始めました。

いつも胸がすーっと気持ちよく感じました。

そして、ずっとかわいそうだと思い心を悩ませた母親の中にも ”神性”を感じるようになりました。



4回目が終わった今、私はとても穏やかです。

恐怖は無くなりました。最近思うことは、まだ子供のころ、無条件に父親を愛していたあの頃の感じが、もう何年も

前に忘れていた感じが戻りつつあるような気がします。



もっと早く来れば良かったと思います。

でも、父親が怒り狂っていたあのときに来たのでは、ヒーリングを受けてもすぐに気持ちが塞いでしまって

ダメだったかも知れませんね。

ちょうど良い時期にヒーリングを受けられたことは神様に感謝しなければならないと思います。